スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロトピ:まさか発達障害だなんて感動の映画特集

今日は『映画の日

大衆に好かれた映画といえば、これでしょうか(^_-)-☆

キャプチャ男はつらいよジャケット




映画の日
 映画産業団体連合会が1956(昭和31)年に制定。
 1896(明治29)年11月25日、神戸で日本で初めての映画の一般公開が開始された。この会期中のきりの良い日を記念日とした。
この神戸倶楽部で公開されたのは、今日のスクリーンに映写されるタイプではなく、1人ずつ覗き込んで見るタイプの「キネトスコープ」と呼ばれるもので、発明はエジソンによるとか。


映画音楽で多くの方に親しまれた映画などを紹介したいと思いますが、


先ずは、『第3の男』。

画評論家で亡き淀川長治さんは、この映画をこのように解説し、評価していました。


  
『第三の男』、The Third Man、これは見事なキャロル・リードの名作ですね。

で、これは私は観てあまり立派なので驚きました、と同時に少し憎らしくなった。
本当に映画の教科書ですね。脚本もキャメラも監督自身も、見事なキャロル・リードの感覚が出てワンカットも無駄でない、見事な映画自身の教科書、そう思いました。
だからこれに私は惚れ込んだけれども、ちょっときらいでした。ゆとりがないぐらい奇麗だった、見事だったからですね。

ジョセフ・コットン、アメリカの探偵作家、それがハリー・ライムという....オーソン・ウェルズが扮してます、それに呼ばれたんですね、ウィーンに・・・・・・・。





ということで、懐かしい映画、感動した映画を揃えました。

お馴染みの作品かと思います。

最後に、映画評論家荻昌弘さんが『楢山節考』について解説しています。


























ではまた、ごきげんよう(^_-)-☆

映画ってワクワクするなあ

切ない哀しい映画もあるけどね。
スポンサーサイト

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

tag : 映画の日

comment

管理者にだけ表示を許可する

冬景色の花火
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

マサ坊君

Author:マサ坊君
“フラットなスローライフ”へようこそ!

日常の散歩で見つけた花木や旅の風景をフラットに感じたままお届けしたいと思います。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
掲示板
スローライフをカフェで
プロ野球戦績
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー&暦
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
最新コメント
リンク
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。